2020年09月29日

タイガーナッツの栽培記録

この夏、タイガーナッツという植物を育ててみました。

園芸店で苗が売っていたので、気軽に育ててみることに。

ということで、

今回はタイガーナッツについてまとまてみました。



栽培の流れ


今回は園芸店で、タイガーナッツのポットが売ってたので、
買いました。

安売りしてて、90円くらいだったと思います。


それを植え付けました。

6月19日でした。

tigernuts_001.jpg

定植作業については特に注意点はないかと思います。


栽培から収穫まで

定植後は、ほとんど面倒を見てませんでした。

何日も雨が降らないときなどに、水やり。

1度だけ肥料をやりました。

ほとんど手間がかかりません。


葉っぱが黄色くなってきた、9月27日。

収穫してみました。

tigernuts_002.jpg


土が硬くなければ、葉っぱを握って引っ張るだけ。

タイガーナッツが根元から現れました。

tigernuts_003.jpg



土を水で洗い流すと、タイガーナッツがたくさんついてるのがわかりますね。

tigernuts_004.jpg



タイガーナッツをもぎ取って、さらに水洗い。

小さいので、とにかく手間がかかります。

tigernuts_005.jpg



タイガーナッツの味は??

tigernuts_006.jpg

生でかじってみました。

かすかに甘味を感じるナッツです。

苦みやクセもなく、食べやすいのは確か。

でも、

たくさんは食べられないかなと思います。


うまく調理すれば、美味しいんだと思います。

ただ、

収穫の細かい作業を考えると、

ちょっと割に合わないかなという印象でした。

個人的には、栽培のレギュラー入りは難しいです。


とはいえ、スーパーフードらしいですし、栽培は難しくないので、

興味のある方は栽培してみてはいかがでしょうか。

posted by Terragen Farm at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録

2020年09月01日

ライチの栽培記録(2020年)

2020年、無事ライチの収穫が終わりました。

まだまだ大量に収穫、販売できるまでの収量はありませんでしたが、

昨年より大幅に量が増え、ほっとしているところです。

まだまだわからないことも多く、試行錯誤の部分も多いですが、

2020年の反省も込めて、まとめてみたいと思います。


栽培の結果

2020年は、100〜200個程度で数キロといったところでした。

目標の200キロにはまだまだですが、少し近づいてきました。

lychee_2020_08.jpg

こんな感じに、たくさん実がつく枝もあって嬉しい限りです。



暖冬で焦る

ただ、少し失敗もありました。

2020年の冬は暖かく、ライチが2019年とは違った生長をしました。

2019年なら、花芽が出てくるはずの3月に、新芽(葉っぱ)が出てきたのです。

lychee_2020_01.jpg

これでは、「今年は花が咲かない?」と思い、ちょっと焦りました。

そのため、一部の株で花が咲くように摘芯してしまったり。。


ただ結果的には、この新芽が生長するとさらにその先から花芽が出てきました。

おそらく、

暖冬だったので、花芽が出ずに、先に葉っぱが出てきたんだと思います。

このあたりは、2021年の春にどう動くか注意が必要ですね。



開花から収穫まで

今年も生育の流れを簡単におさらいしていきます。

花が咲いたのは5月上旬。

これは結果的に昨年と同じ時期でした。

lychee_2020_03.jpg


6月上旬に、花が散って小さな実がついてました。

lychee_2020_04.jpg


7月上旬には、少しふくらんできました。

雨が続いたのが原因なのか、だいぶ落果しました。

これは防ぎようがないかもしれませんね。。

lychee_2020_06.jpg



8月上旬、食べられる大きさになりました。

まだ色が薄いですが、食べるとライチの味。

これくらいから、少しずつ収穫を始めました。

lychee_2020_07.jpg

収穫時期は8月上旬から8月中旬頃でした。

昨年より、少し遅め。

気候によって、変動するようですね。

うちの地域で栽培するなら、このあたりの時期がライチの収穫タイミングかもしれません。



来年に向けて

ライチの樹は順調に大きくなっています。

今では、大きいもので1メートル20センチくらい。

樹が大きくなれば、実がつく枝も増えますので、収量が増えます。

なので、

来年は今年の何倍もの実がつけるんじゃないかと期待ですね。

台風でビニールハウスが壊れなければ。。

posted by Terragen Farm at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ライチの栽培記録

2020年08月18日

食べ終わったパイナップルを育ててみました。

パイナップルを簡単に栽培できると知って、試したのが2年前。

今年、やっと収穫できました。

育て方は意外と簡単でしたので、ちょっとまとめてみますね。


まずは買ってきたパイナップルで

スーパーで売ってるパイナップル。

食べ終わったら、捨てずに栽培してみましょう。

やり方は、、

@葉っぱ部分を切り落とし、一番下の葉っぱを数枚取り除く。

A下から3センチほどだけ、水を入れた花瓶やグラスにつける。

Bしばらくすると、根っこのようなものが出てきます。

pineapple_2020_01.jpg


Cあとは植木鉢などに植えるだけ。 あとはしっかり水やりをして育てましょう。


根っこが伸びて、定着すると葉っぱも伸びてこんな感じになります。

pineapple_2020_02.jpg



注意点としては、

スーパーで売ってるパイナップルでも中心の葉っぱが切り取られてるのがあります。

もしかしたら、うまく育たない可能性がありますので、

葉っぱが綺麗にそろってるのを選んで買ってください。




越冬が一番のポイント

パイナップルは南国の果物ですので、寒さには弱いです。

10℃くらいには保ちたいところですので、

うちでは、ビニールハウス内に入れてました。

家だと、一番暖かい部屋とかでも大丈夫たと思います。


12月だとこんな感じでした。

pineapple_2020_03.jpg

ちょっと葉っぱが黄色くなってきて、元気がなくなったます。


さらに冬を終えて3月になると、、

pineapple_2020_04.jpg

葉っぱがかなり傷んでますね。

でも、枯れていないのでなんとか越冬成功です。



育て始めて1年後

パイナップルを植えて1年後の8月。

こんな感じに大きくなりました。

pineapple_2020_05.jpg

冬に傷んでた葉っぱの間から、どんどん緑色のきれいな葉っぱが伸びてます。

気温が上がって、夏になると元気になりますね。




育て始めて2年後

パイナップルを植えて、2年後の5月。

何か葉っぱの間から出てきました。

pineapple_2020_06.jpg

パイナップルの花なのですね。

見慣れないものがパイナップルから出てきてたので、ちょっとびっくりしました。


というわけで、

実がつきそうですね。


やっとパイナップルができました。

花が咲いて2か月後。

立派なパイナップルができました。

pineapple_2020_08.jpg

ただ、、

想像していた黄色っぽいパイナップルにはならないんですね。。

いつが食べ頃か、わかりません。。

とりあえず、様子見することに。



ついに試食へ

1か月たちましたが、全く色が変わりませんので、

収穫してみることにしました。

pineapple_2020_10.jpg

さいずは少し小さめですね。



切ってみると、、

pineapple_2020_11.jpg

ちょっと色が薄い。。

食べてみると、ほんのり甘い程度でした。

思ってたパイナップルとは違う。。


追熟とか必要だったのか、

収穫タイミングが早かったのか、

それとも遅かったのか。


よくわかりません。

詳しい方がいらっしゃったら教えてください。


ただ、

パイナップル栽培、楽しかったです。

posted by Terragen Farm at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録

2020年08月06日

レモングラスの栽培記録

タイ料理には欠かせないレモングラス。

トムヤムクンにも入っていますよね。

最近、お問合せが増えてきましたので、少しずつ栽培量を増やしています。

そんなレモングラスの栽培は簡単ですので、ちょっとまとめてみますね。


苗の購入はホームセンターや園芸店で

レモングラスの苗は比較的よく売ってます。

ホームセンターでも見かけることもありますし、

園芸店なら必ずあるんじゃないでしょうか?

lemongrass_2020_01.jpg

うちもこの苗を最初に買いました。

それから、畑に植え替えしました。



寒い間はほとんど生長しませんが、

6月、7月以降、暑くなるとどんどん大きく育ちます。



収穫

根元が鉛筆くらいの太さになったら収穫できます。

lemongrass_2020_06.jpg



タイ料理では茎の根元を使うので、上の方は切り取ります。

lemongrass_2020_05.jpg

ちなみに右にある葉っぱは「コブミカンの葉」です。



冬は枯れない??

畑に植えたレモングラス、冬の寒さで葉っぱが傷んできました。

lemongrass_2020_03.jpg

でも、枯れずに今でも元気です。

氷点下に下がる日が続くと厳しいかもしれませんが、

うちでは畑に植えっぱなしです。

寒い地域では屋内に入れた方がいいかもしれませんね。



鉢植えより地植えで

買ってきた苗をどこに植えるかで生長の仕方が変わると思います。

ポイントは、

「できるだけ大きな鉢やプランターに植える」です。

レモングラスは、根っこがどんどん広がり、

その分、株も大きくなります。


花壇や庭、畑に植えるとどんどん大きくなると思いますよ。

畑に植えると、こんな感じです。

lemongrass_2020_04.jpg



乾燥レモングラスより美味しい

やっぱり生のレモングラスの香りは別格です。

乾燥レモングラスとは全然違います。

なかなか生は売ってませんので、

ぜひ、自分で育ててみることをオススメします。



posted by Terragen Farm at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録

2020年07月26日

もちもちの紫トウモロコシの栽培記録

毎年、スイートコーンの栽培を行っています。

ちょっと飽きてきましたので、

今年は紫トウモロコシにも挑戦してみました。


今回はその栽培記録です。


種まき実施

種をまいたのは4月25日でした。

もう十分暖かくなってから。

直播きでも良かったのですが、まずはセルトレイに。

corn_purple_01.jpg

種は大和農園さんの「もちもち太郎パープル」です。



生育の流れ

芽が出て、植え替えまでは、スイートコーンと同じにしました。

追肥は2回。

定植して根付いたタイミングと、雄花が出てきたとき。


でも

なかなか雄花が出てこなかったです。

ふつうのスイートコーンでは1mくらいになれば出てきますが、

この「もちもち太郎」は2mくらいまで出なくて、ちょっと心配しました。

corn_purple_02.jpg

これは6月25日(種まきから2か月)ですが、

こんなに背が高いのに雄花が出ていません。



雄花が出て、実が生長するまで

やっと雄花が出て、実が生長しだすと、

ほかのスイートコーンと同じです。

ただ、違うのは背の高さ。

3メートルくらいあるかもしれません。

corn_purple_05.jpg



実際に収穫してみて

7月15日、種まきから80日後。

試しに収穫してみました。

corn_purple_03.jpg

期待していた色より薄め。

白い部分も多いですね。

まだ、食べ頃ではないような感じでした。



さらに1週間後、7月21日。

こんな感じに実がついてます。

corn_purple_04.jpg

実も太くずっしりした重さ。

corn_purple_06.jpg

実際に収穫してみると、

色が濃くなってました。



さらに数日後に収穫したのは、さらに色が濃く。

corn_purple_09.jpg

見た目のインパクト大ですね。


かじってみると、、

スイートコーンのような果物のような甘さはなく、

ほんのり甘い程度。


でも、

色は抜群ですね。

ホワイト、黄色のスイートコーンと並べると

インパクトもあります。

corn_purple_07.jpg



さらに、

レンジで加熱すると、

きれいな紫色になりました。

corn_purple_08.jpg


栽培してみた感想

育てるのは特に難しくなかったです。

ちょっと背が高くなりすぎるので、

強い風を受けるところだと、倒れやすいかもしれませんね。


それと、

今回、ほかのスイートコーンとは栽培場所を分けましたが、

近かったら紫色が混ざる可能性もありますね。



ということで、

栽培してみて良かった品種でした。

収穫が残っているのもありますので、

少しずつ、直売やスマイル阪神で売っていこうと思います。

来年もやりたいですね。

posted by Terragen Farm at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録