2022年09月20日

ライチの取り木をしてみた件

ライチも順調に大きくなってきました。

枝も混みあう個所もあったり、剪定も必要になってくるほど。

そこで、

どうせ切るならライチの苗を増やそうと考え、「取り木」を実行することにしました。

あんまり情報の無いライチの取り木、せっかっくなので共有してみます。



ライチの取り木とは?

苗を増やす手法で、挿し木などがありますが、
ライチは取り木というやり方で増やします。

おそらく、挿し木では発根しづらいなどの理由があるんだと思います。


やり方は簡単に説明すると、

枝についたまま根っこをはやすという手法です。

Youtubeなどの情報を参考にした内容ですが、
ちょっと次から説明していきますね。



ライチの取り木準備

用意したのは以下の道具たち。

lychee_ layering_2022_02.jpg


水苔、アルミホイル、梱包用のラップです。

やってみてわかりましたが、梱包用のラップ、持ち手はいらないですね。
邪魔でした。
持ち手なしもダイソーに売ってたと思います。


lychee_ layering_2022_03.jpg

水苔もホームセンターの園芸コーナーにあります。


このほかに、カッターナイフですね。

あと、「環状剝皮」用の道具もあれば便利です。

私はこの「環状剥皮ナイフ」を使いました。



ライチの取り木をやってみる

まず、直径1.5センチほどの枝を探します。

徒長してて、不要な枝を選びました。


その枝の皮をはぎます。

環状剥皮ナイフで周囲に切り込みを前後に入れ、カッターナイフで間を削ります。

lychee_ layering_2022_01.jpg


白くなる部分まで剥いだほうがいいような気がします。


lychee_ layering_2022_04.jpg


その剥いだ部分に水分を含ませた水苔をつけ、

アルミホイルで巻き付けます。


その後、ラップでぐるぐる巻きにして完了。

これで2か月前後待ちます。

lychee_ layering_2022_05.jpg




取り木を行った結果

だいたい1か月半後、アルミを取ってみました。

lychee_ layering_2022_06.jpg

すると、

白い根が水苔に出てました。

成功みたいですね。


lychee_ layering_2022_07.jpg

根よりしたの部分で枝をカットして、

土に植え替えです。


しっかり根付けば完了です。


ただ、初挑戦の今回は、成功率は2割ほど。

根が出てない個体も多かったです。

やり方が悪かったのか、時期が悪かったのか。

いろいろ試していくしかないですね。

posted by Terragen Farm at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ライチの栽培記録

2022年08月30日

【兵庫県伊丹産】ライチの栽培記録(2022年)

2022年のライチ栽培について、今年もまとめてみようと思います。

結果的には、収量は年々増えているものの目標には程遠いって感じですが、

考えられる理由などを整理していきます。



ライチの成果(2022年度)

うちにはライチが以下の3品種があります。

◆クウェイメイピンク

◆ワイチ

◆サラシエル


クウェイメイピンクが一番本数が多いのですが、それらについては
あまり収穫てきませんでした。

一方、ワイチ、サラシエルについては昨年の倍ほど収穫でき、
年々、収量が上がっています。

ライチの木自体は小ぶりなのですが、結実した数も多く、
現時点ではまずまずといった感じです。

lychee_2022_03.jpg



昨年課題だった防除について

昨年は、スス病にかなりやられて、
ライチの実がかなり落ちてしまいました。

今年はスス病の原因がアブラムシにあると考えて、
「ムシラップ」などを利用しました。

かなり念入りに退治していったので、アブラムシによる
葉っぱの変形などもなくなりました。


ただ、一部のライチにおいてはスス病が発生。
アブラムシがいないはずなのに。。


その理由については、もしかしたら豊富な花の蜜なのかと思ってます。

対策としては、うちのミツバチに吸ってもらうことかなと。

来年は一時的に温室に巣箱を移動して、対応しようか検討中です。



クウェイメイピンクの開花不良について

毎年、クウェイメイピンクの開花があまりよくありません。

その代わり、どんどん大きくなり目標の高さ2mに到達しつつあります。


開花が悪い理由をいろいろ検討した結果、
仮説として、春先の日照不足ではないかと。

サラシエル種とワイチ種が定植されているのは、
温室の東側、しかも温度が上がったタイミングで内張りを解放するのも東側でした。

lychee_2022_04.jpg
(写真はサラシエル種)

たしかに、クウェイメイピンクが植わっている西側は若干暗いため、
明るさが作用しているかもと考えるようになりました。


というわけで来年は、クウェイメイピンクに光が当たるよう、
配慮していく予定です。



ライチの味について

今年も美味しかったでですね。

育て方によってあんまり味に違いがでないような感じです。

とにかく品種選びなような気がします。

うちの品種は小ぶりな品種。


大きな品種の方が食べ応えありますが、
ちょっと味が落ちると思ってます(個人の感想です)

lychee_2022_02.jpg

生ライチのみずみずしさはもちろんですが、

凝縮された甘味と、独特の風味はやっぱり美味しいですね。


というわけで来年はもっと収量を増やすべく頑張ってみます。

posted by Terragen Farm at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ライチの栽培記録

2022年04月14日

2022年 収穫体験の予定

corn_hervest_101.jpg

2022年、暖かくなってきました。

今年も収穫体験をいろいろ計画しておりますが、

少しまとめておこうと思います。


---------------------------------------
★4月中旬から下旬にかけて

 タマネギ・キャベツの収穫体験


★5月

 ジャガイモの収穫体験


★6月下旬〜7月中旬

 スイートコーンの収穫体験
 (枝豆もあるかも)


★10月中旬以降

 秋のスイートコーン収穫体験

 サツマイモの収穫体験

---------------------------------------


天候不順、台風襲来などの気象条件によって

変更があるかもしれませんが、こんな感じです。


実施日については、以下で告知しています。

■畑および無人ハチミツショップ前に案内を設置

■SNSでの告知

 ・Twitter (@teragen110

 ・Instagram (@terragenfarm

  ・LINEの友達登録
  (登録の詳細はこちらをご確認ください)

 いずれかで確認していただければ十分です


天候や生育状況によって、告知は早くても1週間前くらい前になることをご了承ください。



posted by Terragen Farm at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年03月19日

レザーツールケース販売開始しました。



オリジナルロゴ入り、レザーツールケース、販売開始です。

leather_tool_case_01.jpg



アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスに自社工場をもつ革製品専門メーカーで作ってもらったレザーケース。

技術と伝統を引き継ぐ革職人が一つずつハンドメイドで作っています。

leather_tool_case_10.jpg



使えば使うほど味が出て愛着の湧くレザーケース。

leather_tool_case_02.jpg




ハサミをこのケースに入れておけばパンツの後ポケットやジャケットのポケットにすっぽりと収納できます。

leather_tool_case_04.jpg


leather_tool_case_03.jpg



ケースの前についているフラップをポケットに引っ掛けて入れると安定します。


leather_tool_case_05.jpg


ガーデニングだけでなく、いろんな使い方を工夫してみると面白いですね。



ご近所の方は直接連絡いただいてもOKですー

posted by Terragen Farm at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年02月13日

「第31回グルメ&ダイニングスタイルショー春2022」@東京ビッグサイト

gourmet-diningstyleshow_20220201.jpg

東京ビッグサイトで開催された展示会
「第31回グルメ&ダイニングスタイルショー春2022」
にお越しいただいた方々、ありがとうございました!

いろいろな方々と出会い、新しい経験や学びが多かったと同時に、
ハチミツの価値を再発見することができた3日間でした。

混雑していた時間帯など、お話できなかった方もおられたかもしれません。

ハチミツなどの商品カタログは以下からダウンロードできますので
そちらでご確認ください。



お取引きに関する価格表や詳細については、
カタログ内のお問合せ先よりご連絡いただければ回答いたします。

よろしくお願いいたします!


posted by Terragen Farm at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記