2021年03月12日

「Terragen Farm Shop」がオープンしました。

2021年3月8日、ミツバチの日に「Terragen Farm Shop」がオープンしました。

簡単に言うと、ハチミツの直売所です。


なかなか情報発信できておりませんでしたので、

突然の報告になったかもしれません。



というわけで、

まずは、ちょっとした紹介から始めたいと思います。



「Terragen Farm Shop」とは?


伊丹市の池尻にできたテラゲンファームの直売所。

伊丹市内の畑にあるミツバチの巣箱から採れたハチミツが並んでます。


honey_005.jpg



お店の中はこんな感じです。

smartshop_inside_01.jpg


正面からは見ると、お店の小ささが際立ちますね。

約1坪(2畳)ほどしかありません。


無人でキャッシュレスのお店

Terragen Farm Shop の最大の特徴は「無人」で「キャッシュレス」であるということ。

キャッシュレスは、PayPay のみを受け付けています。

防犯上の観点から、現金をお店に置かない運用にしました。


もちろん、PayPay を利用されていない方々へはご不便をおかけしますが、

おそらく日本にはまだない画期的なお店ということで、

面白がって見守ってもらえればと思います。

(PayPayでの支払い方法については、別記事にて説明していく予定です)


場所はここです。


伊丹市池尻1丁目です。



イズミヤ昆陽店のすぐ北、昆陽里サイクルという自転車屋さんの向かいです。


イズミヤから北に向いた風景はこんな感じ。

smartshop_outside_03.jpg


白い建物を探してみてください。

smartshop_outside_05.jpg


今のところ、年中無休で10時〜18時で開店していますので、

イズミヤでお買い物ついでにお立ち寄りいただければと思いいます。


※ハチミツはネットショップでも購入できます。

送料がかかりますが、遠方の方はご利用ください。



posted by Terragen Farm at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Terragen Farm Shop

2020年11月17日

秋に収穫できるスイートコーン 作ってみた件

スイートコーンといえば、夏の野菜。

うちも収穫は6月下旬〜7月下旬頃です。

ただ、

今年は、ふと秋に収穫するスイートコーンをやってみたくなりました。

初挑戦ですが、試してみようと早速、種を準備して。。



種まきはお盆頃

スイートコーンを植えようと決めたのがお盆前。

そこから種を手配して手に入ってのが3種類でした。


キャンベラ90

sweetcorn_2020_f_01.jpg


ゴールドラッシュ90

sweetcorn_2020_f_02.jpg


ホイップコーン(試験品種)

sweetcorn_2020_f_03.jpg


夏から栽培する場合は、晩生品種が良いそうです。

理由はよくわかりませんが、気温が関係しているのでしょう。


種まきは、どれも8月15日前後でした。

だいたい90日くらいで収穫できる品種なので、10月下旬ころには採れるんじゃないかと見込みました。



台風シーズンの心配


やっぱり真夏の種まきなので、2日ほどで発芽しました。

苗作りをして、定植し、9月4日時点ではこんな感じに。

sweetcorn_2020_f_04.jpg



ただ、その3日後に強い風が吹いて、たくさん倒されました。。

sweetcorn_2020_f_06.jpg


台風が来たら、全滅ですね。。

今年は運よく台風直撃がなかったのですが。。



収穫は10月下旬〜

10月に入りました。

10月3日時点で「ヒゲ」も出てきて、実が膨らみ始めてます。

この時点で収穫すればヤングコーンですね。

sweetcorn_2020_f_08.jpg



こちらは10月9日

青々としたトウモロコシ畑です。

sweetcorn_2020_f_09.jpg



そして、、

種まきからほぼ90日。

sweetcorn_2020_f_12.jpg


早速、味見してみると、、

甘味は夏のスイートコーンに比べて、少しあっさり。

ただ、サクサクした食感はいいですね。



意外と寒さに強いスイートコーン

夏だと食べ頃が1週間ほど。

それを過ぎると、硬くなったり味がなくなったりします。

なので、

収穫は急がないといけません。

sweetcorn_2020_f_14.jpg

でも、

秋は涼しいからか、食べ頃が長いです。

あんまり焦らなくていいのが楽ですね。



さらに11月11日には、

ホワイトのスイートコーンも食べ頃に。

sweetcorn_2020_f_15.jpg


11月の中旬でも葉っぱは元気。

sweetcorn_2020_f_17.jpg


意外と寒さに強く、なかなか枯れません。

収穫も継続できます。



反省点と来年に向けて

今年初めての秋収穫のスイートコーンでしたが、

思った以上に美味しくできました。

ただ、

問題は売れにくいこと。

誰も作ってないので、売れると思ったのですが、

寒くなりつつある11月。

旬でないスイートコーンは人気がないようです。。


来年は台風が来るかもしれませんし、

また栽培するか、ちょっと検討が必要ですね。

sweetcorn_2020_f_16.jpg
posted by Terragen Farm at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月09日

サツマイモ収穫体験 開催しました。

今年、初めてサツマイモの収穫体験を行いました。

10月31日(土)、11月1日(日)、11月8日(日)の3日間です。

(11月7日(土)は雨天のため中止)


今回はそのイベント開催結果の報告です。


収穫体験のサツマイモについて

今回、用意していた品種は次の3種類

・紅はるか
・シルクスイート
・紅まさり

どれも美味しい品種です。


ここに植わっていますが、
葉っぱだけでは、区別がつきません。。

sweetpotato_2020001.jpg

1種類に絞った方がよかったかもしれませんね。

来年は紅はるかにします。。



みんな大好きスイートポテト

やっぱりサツマイモは人気ですね。

土の中から、掘れた瞬間、みなさん喜んでもらったように思います。

sweetpotato_2020003.jpg


あと、

掘りたてサツマイモは3週間〜4週間くらい追熟した方が美味しいです。

デンプンが糖に変わるのに時間がかかりますので。。

すぐに食べられないのが残念ですが、風通しのいい場所に楽しみに保管しておいてください。


sweetpotato_2020002.jpg



posted by Terragen Farm at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2020年10月16日

トカドヘチマを栽培してみました。

今回はトカドヘチマ。

アジアの市場では、ときどき見かけたことがあり、

ちょっと気になってました。

こういう「ウリ」です。

luffa_001.jpg


角が10個あるからトカドヘチマという名前だそうです。

実際に切ってみた断面はこんな感じ。

luffa_002.jpg


そんなトカドヘチマを栽培した記録を以下にまとめてみました。


種まきからツルが伸びるまで

種まきは十分に暖かくなってから。

うちでは、ビニールハウス内でポットに種まきしました。

4月ころです。


その後、5月頃に定植。

ヘビウリとほぼ同じタイミングに植え付けました。

その後、、

ヘビウリは7月頃からどんどん実ができ、

出荷していったのですが、


トカドヘチマは、ツルが伸びるばかりで実がつく気配がなく。。


ちなみに、

ヘビウリと同じ、「きゅうりネット」を使って、

上に生長するようにしました。




ついに開花


8月13日やっと花が咲きました。

luffa_003.jpg


でも、

実が付きません。

どうやら、これは雄花。

雌花に受粉しないと実がつかないことに気づきました。


そして、、

さらにほったらかしにしていると、

9月中旬くらいから、雌花が咲き始めてきました。

luffa_005.jpg

花の根元が、トカドヘチマっぽいですね。



さらに様子を見てると、「ミニ」トカドヘチマになりました。

luffa_004.jpg

やっとです。

さらに、これが大きくなるのを待つと、、



ついに食べ頃のトカドヘチマができました。

luffa_007.jpg

ホントに時間かかりますね。

夏くらいには収穫したかったですが、

もう秋です。


どうやったら早く実がつくか、工夫が必要なのかもしれませんね。。



海外で見たトカドヘチマ


海外の市場で、トカドヘチマを何度か見かけ、

写真を撮ってたので紹介します。


そのときは、自分で育てるとは思ってませんでしたが、



中国の成都にて。


成都中心部にある市場で見かけたトカドヘチマです。

luffa_009.jpg

まっすぐで綺麗ですね。



つぎは、スリランカのコロンボ近くの市場で見かけました。

luffa_008.jpg

断面はしっかりトカドヘチマです。

たくさんあって、定番の野菜のようでした。


ちなみに

スリランカのダンブッラという街の近くで

トカドヘチマが栽培されてました。

luffa_010.jpg

栽培試験場でしたが、

アーチに這わせて、トカドヘチマを栽培してました。

これなら、まっすぐに生長しますね。

もしかしたら、

これが、早く実を付けるポイントかもしれませんので、

来年は試してみようと思います。

posted by Terragen Farm at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録

2020年10月04日

ジャワほうれん草(アマランサス)の栽培記録

ジャワほうれん草も今夏に初めて栽培した品目です。

アマランサスやヒユナなんて呼ばれることがある野菜。

育て方は簡単ですが、ちょっと紹介してみようと思います。


ジャワほうれん草について

アマランサスとも呼ばれます。

厳密には違うのかもしれませんが、両方育ててみた感じでは、

味も、葉っぱも同じでした。


アマランサスだと実がスーパーフードとして、

扱われることもありますね。


その実がつくまで、早い段階で葉っぱを食べると

美味しいのがジャワほうれん草(アマランサス)です。



ジャワほうれん草を育ててみると、、


ジャワほうれん草(アマランサス)の特徴は、暑さに強いことです。

夏に葉物の野菜はあんまり育たない中、貴重な存在ですね。


種まきから数日で発芽、すぐに大きくなります。

javaほうれん草_01.jpg

この大きさで、ベビーリーフとしても使えそうです。

クセのない味で、小さければ葉っぱも柔らかいので、生でも食べられます。


さらに、

大きくして、収穫のタイミングではこの大きさ

javaほうれん草_02.jpg

ちょっと、草に覆われてしまっていますね。

アマランサスの生長のスピードも速いので、

あんまり雑草取りに気を遣わなくてもいいと思います。

収穫したら、一気に草ごと耕してしまえばいいので。



さらに大きく育ててみると、、


収穫せずに、大きくしてみると種がつきました。

javaほうれん草_04.jpg

この種を収穫すると、スーパーフードのアマランサスなのだと思います。

ただ、

面倒くさいので、収穫しませんでした。。

それに、

ここまで、大きくするとちょっと葉っぱが硬くなりますね。



ジャワほうれん草を育ててみた感想


まず第一に育てやすいことですね。

発芽も簡単です。


味は、淡白でクセがなく食べやすい味。

どんな料理にも使えると思います。


実際にタイに行ったとき、アマランサスの種がたくさん売ってましたが、

あんまり気に留めませんでした。


ただ、今回育ててみて、育てやすく美味しいのがわかったので、

これからどんどん育てて、たくさん食べてほしいですね。


もちろん、家庭菜園、プランターなどでも育てられるので、

試してみるのも面白いと思います。

posted by Terragen Farm at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録