2018年12月20日

【油麦菜(ユーマイサイ)】中国のレタスを紹介します。

今回は、油麦菜という野菜について。

まだまだ栽培している人は少なく、近隣の阪神間でもなかなか見かけません。

そんな油麦菜ですが、

うちでは、よく作っています。

美味しい野菜ですので、簡単に紹介していこうと思います。



油麦菜とは?

中国の上海近くでは、人気のレタスだそうです。

こんな野菜です。

youmaicai_03.jpg

レタスの仲間ですので、味もレタスに近い風味です。

豚肉やベーコンなどと炒めたりすると美味しいですね。

ちなみに、

中国語に近い発音だと、

カタカナで「ユーマイサイ」といいます。


油麦菜の育て方は?


種はなかなか売っていません。

ですので、

うちは藤田種子さんのネット通販から買っています。



楽天にもあります。




まずは種まきです。

ポット栽培でもいいですが、

うちは直播です。

youmaicai_01.jpg

種はちょっと小さめ。

20センチ間隔のスジ蒔きでいいと思います。



本場が出てくるとこんな感じです。

youmaicai_02.jpg

間引きしてもいいのですが、

もったいないので、

うちではもう少し大きくして、移植します。

あとは、大きくなるまで待つだけ。

追肥は1回くらいです。


ハモグリバエや、ナメクジがきますが、

比較的、虫に強い印象があります。



そして、

これくらいになったら収穫します。

youmaicai_03.jpg




実際に中国で見てきました。

上海近くでは、人気の野菜ということなので、中国に行ってきました。

すると、

小さな八百屋さんでも、デパ地下でも売ってました。

youmaicai_04.jpg

これはデパ地下なので、値段は高め。

200円以上ですね。



また、

上海の郊外では、種を売っている商店を見つけました。

日本では見ない種ばかりで、面白かったです。

youmaicai_06.jpg

そして、

探してみるとありました、油麦菜。

youmaicai_05.jpg

右上が油麦菜です。

(ちなみに、左下はパクチー、右下はミニ白菜です)

油麦菜の種はたっぷり入って、4元。
(80円ほどという激安でした)


まとめ

まだまだ知名度のない油麦菜ですが、

美味しいので、少しずつ人気が出てくると感じています。


うちでは、

ときどきスマイル阪神に出荷していますが、

気になる方はお問合せいただくと確実です。

posted by Terragen at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜・ハーブ情報

2018年12月01日

道具小屋を作ってみました。作成の様子を公開です。

今年から養蜂もはじめ、少しずつ道具が増えてきました。

収納する場所が欲しいということで、

ちょっとした小屋を作ってみることにしました。



設計図もなく、行き当たりばったりで作成したのですが、

思いのほか、うまくできたので公開しようと思います。




では、作成開始です。


まずは枠組みを作成しました。

だいたい、高さ2mくらいになるように。

この写真では、作りやすいように横倒しにした状態です。

storage_02.jpg




天井ができたので、起こしました。

ちゃんと基礎をした方がいいとは思いますが、

今回は、ブロックに乗せるだけにしました。

storage_03.jpg



天井あたりに小さな筋交い?を入れてみました。

電動のこぎり(丸ノコ)で切りましたが、斜めに切るのは難しいですね。。

storage_04.jpg



次は、床です。

野地板を貼りました。

storage_05.jpg




そして、壁を少しずつ貼っていっています。

storage_06.jpg




ちなみに、木材の固定に便利なのが、この金具。

simpson の金具です。

2×4(ツーバイフォー)の木材を使うなら、便利な金具です。

storage_07.jpg


こんなのもあったり、いろいろ便利です。

storage_08.jpg

simpson の金具は、他にもたくさん種類があるので、かなり応用が利きます。

ちなみに、

近所で一番品ぞろえがあるのは、宝塚のロイヤルホームセンターでした。




だんだん形になってきました。

storage_09.jpg



壁を貼り終わったので、

奥に有孔ボードを貼ってみました。

金具をひっかけて、道具を固定するのに便利です。

storage_10.jpg



外から見ると、こんな感じに仕上がりました。

storage_12.jpg



奥の壁、一面に有孔ボードを貼りました。

ただ、

有孔ボード、ちょっと値段が高いので、

余らないように切り貼りしたのがわかると思います。。

storage_14.jpg



Terragen Farm のロゴもしっかりと。

storage_15.jpg




実際に養蜂道具などを配置すると、

こんな感じです。

storage_01.jpg

まだまだ手を加えたいところがありますが、

一旦、終了です。


8月から、コツコツ初めて、2か月くらいかかりました。

いろいろ試行錯誤しながら、やり直しも何度か。



もしかしたら、来年台風が来て倒壊したり、

すぐ風雨で傷んでしまうかもしれませんが、

そうなったら、また作り直します。



まとめ

使った道具

・金づち

・インパクトドライバ

・木工ねじ

・波板

・傘くぎ(波板を固定するため)

・simpson 金具


かかった費用

5万円〜10万円くらい



以上です。
posted by Terragen at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記