2019年04月18日

レンゲで休耕田を鮮やかに。ヘアリーベッチと組み合わせて絵描きに挑戦

最近、レンゲ畑を見かけなくなりました。

以前はありふれた花で、どこでも咲いてた記憶があります。


今回、

咲いてないなら、咲かせてみようということで、種をまいてみました。

レンゲは田んぼの肥料にもなりますし、ハチミツの蜜源にもなりますので一石二鳥ですね。




レンゲとヘアリーベッチ

単純に休耕田にレンゲを咲かせるだけでは面白くないので、

レンゲともう一種類の花を使って、図柄を描いてみようと考えました。


レンゲは、ピンク色の花が咲くので、

もう一種類には、紫色の花が咲くヘアリーベッチをまくことに決定。


早速、種を購入しました。



レンゲの種は、ネットで購入できます。

少し細かい種です。

vetch_field_01.jpg




一方、あまり聞き慣れないヘアリーベッチの種です。

レンゲに比べると大粒です。

vetch_field_02.jpg


これら2種類の種を田んぼにまいてみました。

種をまく時期ですが、10月下旬や11月頃。

それくらいの時期に種まきをして、翌年の春に花が咲いてきます。



こんな風に育ってきました。


今回、2枚の田んぼに種をまきました。

経過を紹介していきますね。


◆3月9日時点の様子


種まきから5か月。

やっと生長してきて、図柄が現れてきてます。


こちらは、同心円上にレンゲとヘアリーベッチを交互に育てる計画。

先に育ってきた、ヘアリーベッチが緑色の輪を作り始めてますね。

vetch_field_03.jpg



こちらは、ストライプ模様にしようと計画。

先に緑のラインを描いているのは、ヘアリーベッチです。

レンゲは生長が遅いですね。

vetch_field_04.jpg




◆4月5日時点の様子


予定していた以上に、雑草がたくさん生えてきました。

ヘアリーベッチの緑もかすんできてしまいました。。

vetch_field_05.jpg



ストライプ模様を計画している方は、こんな感じです。

雑草が生えて、縞模様が薄くなってきました。。

vetch_field_09.jpg




◆4月17日時点の様子

花が咲いてきて、カラフルになってきました。

同心円状になっているのがわかりますか??

緑の輪にかすかに紫色が混ざっているのが、ヘアリーベッチ。

その間にある白っぽく見える花がレンゲです。

vetch_field_10.jpg



ヘアリーベッチを近くで見ると、こんな花です。

ツルがどんどん伸びて、道路まではい出てきそうな勢いです。

vetch_field_06.jpg




ヘアリーベッチをもう少し近くで見ると、綺麗な紫色です。

vetch_field_07.jpg




こちらは、レンゲ。

白とピンク色のグラデーションが綺麗ですね。

vetch_field_08.jpg



それに、計画通りミツバチもやってきてくれました。

vetch_field_11.jpg


まだまだ花が咲いて、綺麗になるかもしれませんので、

また写真を追加していくかもしれません。



最近、レンゲを見かけない理由

昔、レンゲはよく見かけましたが、

最近では珍しくなってしまいました。


レンゲを田んぼに植えるのは、田んぼの肥料になるのが理由です。
(ヘアリーベッチも肥料になります)


そんなレンゲが少なくなったのは、、

田植えの時期が早くなったからと聞きました。


田植えの時期が早くなると、レンゲが種を落とすまでに田植えの準備を始める必要があります。

そのため、

レンゲが咲いていた田んぼでも、翌年レンゲが咲かなくなってしまうんですね。


今回、レンゲを植えてみて肥料となることよりも、

景観がよくなるという利点を感じました。

ですので、

引き続き、来年以降も継続してレンゲを咲かしていこうと思います。


posted by Terragen at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月12日

【ビーツ】育て方の解説します。発芽すれば意外と簡単?!

数年前から、ビーツを継続的に栽培しています。

そんなに売れませんが、

でも、必ず売れるのがビーツ。

そのうち人気になると思います。

そんなビーツの育て方はそんなに難しくありません。

なので、

今回はうちでの育て方を簡単に説明していきたいと思います。



種選び

今まで、ホームセンターでもビーツの種を見かけることは少なかったのですが、

最近、この種を見つけました。



ちなみにうちは、

この種を使うことが多いです。



量が多く、値段も安いです。



種まき

種まきの時期は、3月中旬〜11月中旬まで(寒くない地域の場合)。

ですので、冬以外は種まきできるってことですね。



そんなビーツの種はこんな感じ。

beet_06.jpg

大きめです。


種まきの注意点としては、、


@種まきの前日に1日水に浸す。

こんな風にタッパーに入れて、水を入れておけばいいです。
beet_07.jpg

A種まきしてから、土をかぶせた後に、軽く押さえる。

 そうすると、土と種がきっちり接触して水を吸いやすくなります。

B芽が出るまでは、土をつねに湿らせておくよう水やりを忘れずに。

C屋外で育てる場合は、できれば雨が続く日に種をまくと、

 土が乾かないため、発芽しやすくなります。



発芽から収穫まで

ビーツの種は大きく、1つの種から2つ?くらい芽がでます。

beet_02.jpg

ですので、

間引きが必要です。

うちでは、

ビーツの芽が3cmくらいになったら、間引きします。

間隔は、、

最終的にビーツをどれくらいの大きさにするかによりますが、

5cm〜10cm間隔くらいでしょうか。



肥料と害虫対策は?

ビーツは肥料が多めの方が大きくなる感触があります。

2回〜3回、肥料を与えてください。

ビーツが丸く太ってくれると思います。

beet_03.jpg

また、

害虫ですが、あまり付きません。

そのため、育てやすく、

うちでは農薬は全く使わずに栽培しています。

beet_04.jpg



ビーツの食べ方は?

実は、あまり食べ方は知りません。。

イタリア料理なんかでは、ビーツの濃い赤色を使ってスープに利用すると聞いたことがあります。

beet_05.jpg

また、

ロシア料理のボルシチなんかでも使われますね。

とにかく、

独特の赤色ですので、使い勝手はいいと思います。


もし、食べ方をご存知の方は、コメントいただけると嬉しいです。



まとめ

芽が出さえすれば、育てるのは難しくないです。

とにかく、発芽までは水やりを忘れないようにしてください。

あと、

これから、きっと人気が出てくると思いますので、

今のうちの是非試してみることをオススメします。

beet_01.jpg

posted by Terragen at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜・ハーブ情報