2020年05月18日

アーティチョークの栽培記録と注意点

今回はアーティチョークについて。

ヨーロッパでは料理で使われることも多いそうですが、

まだまだ日本では珍しい食材。

うちでは、10本ほど栽培していてもう3年ほどになります。


これから育ててみたいという方もおられるかもしれませんので、

ちょっとアーティチョークについて紹介してみます。


アーティチョークとは


アーティチョークはアザミの仲間でチョウセンアザミとも呼ばれます。

食べられるのはツボミです。

artichoke_07.jpg

トゲがあるので、収穫のときなど扱いには注意が必要です。


カットすると、こんな感じです。

artichoke_08.jpg

中身を食べることができます。

ソラマメっぽいホクホクした味わいです。

調理方法は、ネットで調べるといろいろでてきます。



種まきから収穫まで


うちのアーティチョークは種から育てました。

このサカタのタネです。



ホームセンターでも置いてるのを見たことがないので、

ネットで買った方がいいかもしれませんね。



種まきは暖かくなった4月頃から。

ただ、

1年目は小さくてツボミができません。

多年草なので、1年目は根っこをはらすことだけで、

2年目以降で収穫になります。


2年目にはこれくらいの大きさになります。

artichoke_03.jpg

冬には茎などが枯れてしまいますが、

春になったら新たな芽が出てきて、ぐんぐん育ちます。


4月下旬以降になると、ツボミが出てきますので、

収穫してきましょう。

artichoke_05.jpg



ちなみに、

ツボミをおいておくと、紫のきれいな花が咲きます。

artichoke_10.jpg

食べるだけでなく、観賞用としても楽しめます。

artichoke_09.jpg




栽培の注意点


何点か注意点を紹介します。


@プランターだと大きくなりにくいです。

地植えした方が元気に生長すると思います。


A多年草なので、移動できません。

ずっと植え続けることができる場所がベストです。


Bアブラムシが大量につきます。

放っておいて大丈夫ですが、気になる方は注意してください。

この写真だと、ツボミの下にたくさん付いてます。
artichoke_06.jpg


以上です。

興味のある方はぜひ挑戦してみてください。


posted by Terragen Farm at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録

2020年05月06日

ビニールハウスへの遮光ネット張り

急に暑くなってきました。

そうなると、

ビニールハウス内は40℃になったりします。

ですので、

ちょっと早いですが、

遮光ネットを張ってみることにしました。

日光を制限して、スダレをかけるイメージです。



遮光ネットをかける作業

うちのビニールハウスは30m。

少し背が高いのが難点です。

shade_001.jpg


まず、

最初に、ビニールハウスの横に、遮光ネットを広げます。

遮光ネットは15mのものが2枚です。

shade_002.jpg


遮光ネットは反対側から引っ張りあげて、かぶせます。

そのために、

ヒモ(マイカ線)を反対側にかけます。

うちは、軍手に石ころを入れて、ヒモに結び、、

それを反対側に放り投げて、ヒモをビニールハウス上部にかけるという作業。

shade_003.jpg


4本のヒモを順に少しずつ、反対側から引っ張り上げます。

半分終わると、、

こんな感じです。

shade_004.jpg



さらに、もう1枚。

これで、うまく上がりました。

ヒモをかけたり、固定すると完成です。

shade_005.jpg


日光の量が減り、内部はかなり涼しくなります。

といっても、

真夏には40℃近くにはなりますね。


今年は、ライチの花芽が多く、

昨年より多く収穫できる予定。


少しずつ収量が上がってくるのが楽しみです。

posted by Terragen Farm at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記