2019年05月28日

茎レタス(ステムレタス)の栽培記録です。

現在、出荷中の茎レタス。

ステムレタスともいいますね。


この茎レタスの栽培方法ですが、

あまり栽培の様子がネット上にもなくて困りました。

そこで、

せっかくなので栽培記録としてまとめて、共有することにしました。

少しでも参考になると幸いです。



種まきの実施


茎レタスの種は、「サカタのタネ」を使いました。

あまり見かけませんが、見つけたら買うようにしてみてください。

ネット上にはあると思います。


stem_lettuce_01.jpg

まずは種をセルトレイにまきました。

種まきは、2月3日。

ビニールハウス内での育苗でしたので、少し早めです。

ミニ温室などを利用してもいいと思いますが、3月くらいになってから種まきしても大丈夫だと思います。




定植後の経過

この写真は4月14日。

種まきから2か月以上たっています。

stem_lettuce_02.jpg

苗が5センチ〜10センチくらいの時に、畑に植え替え(定植)しました。

定植後、1、2週間後あたりで追肥を行っています。




これは5月1日。

種まきから3か月くらいたっています。

モリモリに育ってきてますね。

stem_lettuce_03.jpg




収穫について


茎レタスというけれど、葉っぱばかりが立派になってきました。

でも、

葉っぱをちぎってみると、茎レタスのような見た目になるようです。


stem_lettuce_04.jpg



おそらく、「完成」ということで収穫してみました。

この日は5月13日。

種まきから3か月以上経過した状態です。

stem_lettuce_05.jpg



実際に直売所(スマイル阪神)に並べさせてもらいました。

ポップには食べ方の説明も。

stem_lettuce_06.jpg






中国で見た茎レタス

今回、茎レタス栽培のきっかけは、2018年の中国訪問。

上海周辺の八百屋では、茎レタスがたくさん並んでました。

stem_lettuce_07.jpg


この萵笋というのが、中国語での茎レタス。

発音は「ウォ・スン」みたいな音です。

stem_lettuce_08.jpg

このスーパーでは1本50円ほど。

中国で人気なら、日本でも需要があるかなと栽培してみました。


栽培してみた感想


レタスと同じように栽培すれば問題ないと感じました。

直売所での値段は2本で100円〜140円の範囲。

1日10セット程度は確実に売れています。
(値段が安いのかもしれません。。)


また、茎レタスの栽培がいい点としては、

どれだけ葉っぱが虫にやられていても、収穫前に葉っぱをちぎるので綺麗な状態で出荷できること。

今回も農薬を使いませんでしたが、綺麗に育てることができました。


栽培の難易度は低めなので、ぜひ試してみてください。
posted by Terragen at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186055754
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック