2019年08月01日

ガパオ(ホーリーバジル)を紹介します。

今回はガパオについての紹介です。

ガパオの栽培は2018年から始めましたが、

まだまだ知られていないことも多いので説明したいと思います。


ガパオとは?

ガパオは別名ホーリーバジルともいいます。

こんなのです。
gaprao_02.jpg

タイではよく利用されるハーブですが、日本ではなかなか売っていませんので、

あまり知られていないのも当然です。


ただ、

タイ料理が好きな方はガパオライスという料理を聞いたことがあるかもしれません。

gaprao_03.jpg

このガパオライスに使われているのが、ガパオなのです。



タイではガパオライスは存在しない??

日本のタイ料理では人気のガパオライスですが、

実はタイでは「ガパオライス」という名前の料理は存在しません。


タイ料理では、料理の作り方が料理名になることが多く、

「〇〇と炒めて、△△を混ぜた料理」

みたいな名前になります。


つまり、

ガパオライスだと、

鶏とガパオの焼き飯、みたいな感じの名前になると思います。


ちなみに、タイで有名なスープ、「トムヤムクン」ですが、

「トム」が煮る、「ヤム」が混ぜる、「クン」がエビという意味です。



ガパオがないからスイートバジルで代用?

ガパオライスのレシピを探すと、

材料に「バジル」と書いてあることが多いです。

つまり、

スイートバジル。


日本ではガパオがないので、簡単に手に入る

スイートバジルを使うしかないんですね。


実際にガパオの香りをかぐと、

スイートバジルとは全く別物なのがわかります。

本物の「ガパオライス」を作るなら、

ぜひ「ガパオ」を使ってみてください。

gaprao_04.jpg

このガパオライスはうちのガパオが使われています。

箕面のタイ料理屋さんで食べることができますのでぜひ。



ガパオの栽培時期について

gaprao_01.jpg

やっぱり暖かい地域の植物なので、

寒さには弱いです。

うちでは、

だいたい6月くらいから10月くらいまでが収穫タイミングです。

もう少し早く(春先くらい)から収穫したいのですが、

なんか花が咲くまでは香りが控えめな感じもして、収穫を待つと遅くなってしまいます。


そんなガパオですが、

もし、大量にガパオが必要な方がいらっしゃったらご連絡いただければと思います。


posted by Terragen at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜・ハーブ情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186348671
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック