2020年06月03日

タイ料理で使うタイバジルの栽培記録

あまり日本では見かけないタイバジルを紹介します。

タイ料理屋さんでも、使ってないお店もあったりして、
出会いにくいハーブです。

そんなタイバジルですが、
うちでは数年前から栽培していますので、紹介してみようと思います。


タイバジルとは

タイに行くと見かけることも多かったのですが、
バジルの仲間。

こんなハーブです。
thai_basil_003.jpg

この写真はバンコクでの小さな食べ物屋さんで撮りました。

どっさりありますね。


香りは、スイートバジルとは全く違って、かなり爽やか。

日本のタイ料理屋さんに行ったら、

タイバジルがあるか店員さんに確認してもいいかもしれませんね。

ちなみに、

タイバジルは、

タイ語では、ホラパ― またはホーラパーみたいな発音です。
(タイの文字では โหระพา です。)


タイバジルの栽培について 

栽培はとても簡単です。

気を付ける点はひとつ。

種まきは十分温度が上がった5月以降に蒔くことです。



種はネットでも売ってますね。






うちでは、昨年の種がこぼれてどんどん生えてきています。

thai_basil_004.jpg


大きく育つとこれくらいにはなります。

thai_basil_001.jpg

種によっては、もう少し大きくなりますね。

1年目に栽培できれば、種を取っておくと
翌年も栽培できますよ。


暑くなる季節には、どんどん収穫できるはずです。

thai_basil_002.jpg

右下がタイバジルですね。

(他は、ガパオ、レモングラス、パクチーです。)


本格タイ料理を楽しみたい方は、

ぜひ、栽培にも挑戦してみてください。


ガパオ(ホーリーバジル)については次の記事を参考にどうぞ。



posted by Terragen Farm at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187530466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック