2020年10月16日

トカドヘチマを栽培してみました。

今回はトカドヘチマ。

アジアの市場では、ときどき見かけたことがあり、

ちょっと気になってました。

こういう「ウリ」です。

luffa_001.jpg


角が10個あるからトカドヘチマという名前だそうです。

実際に切ってみた断面はこんな感じ。

luffa_002.jpg


そんなトカドヘチマを栽培した記録を以下にまとめてみました。


種まきからツルが伸びるまで

種まきは十分に暖かくなってから。

うちでは、ビニールハウス内でポットに種まきしました。

4月ころです。


その後、5月頃に定植。

ヘビウリとほぼ同じタイミングに植え付けました。

その後、、

ヘビウリは7月頃からどんどん実ができ、

出荷していったのですが、


トカドヘチマは、ツルが伸びるばかりで実がつく気配がなく。。


ちなみに、

ヘビウリと同じ、「きゅうりネット」を使って、

上に生長するようにしました。




ついに開花


8月13日やっと花が咲きました。

luffa_003.jpg


でも、

実が付きません。

どうやら、これは雄花。

雌花に受粉しないと実がつかないことに気づきました。


そして、、

さらにほったらかしにしていると、

9月中旬くらいから、雌花が咲き始めてきました。

luffa_005.jpg

花の根元が、トカドヘチマっぽいですね。



さらに様子を見てると、「ミニ」トカドヘチマになりました。

luffa_004.jpg

やっとです。

さらに、これが大きくなるのを待つと、、



ついに食べ頃のトカドヘチマができました。

luffa_007.jpg

ホントに時間かかりますね。

夏くらいには収穫したかったですが、

もう秋です。


どうやったら早く実がつくか、工夫が必要なのかもしれませんね。。



海外で見たトカドヘチマ


海外の市場で、トカドヘチマを何度か見かけ、

写真を撮ってたので紹介します。


そのときは、自分で育てるとは思ってませんでしたが、



中国の成都にて。


成都中心部にある市場で見かけたトカドヘチマです。

luffa_009.jpg

まっすぐで綺麗ですね。



つぎは、スリランカのコロンボ近くの市場で見かけました。

luffa_008.jpg

断面はしっかりトカドヘチマです。

たくさんあって、定番の野菜のようでした。


ちなみに

スリランカのダンブッラという街の近くで

トカドヘチマが栽培されてました。

luffa_010.jpg

栽培試験場でしたが、

アーチに這わせて、トカドヘチマを栽培してました。

これなら、まっすぐに生長しますね。

もしかしたら、

これが、早く実を付けるポイントかもしれませんので、

来年は試してみようと思います。

posted by Terragen Farm at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187590082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック