2020年09月01日

ライチの栽培記録(2020年)

2020年、無事ライチの収穫が終わりました。

まだまだ大量に収穫、販売できるまでの収量はありませんでしたが、

昨年より大幅に量が増え、ほっとしているところです。

まだまだわからないことも多く、試行錯誤の部分も多いですが、

2020年の反省も込めて、まとめてみたいと思います。


栽培の結果

2020年は、100〜200個程度で数キロといったところでした。

目標の200キロにはまだまだですが、少し近づいてきました。

lychee_2020_08.jpg

こんな感じに、たくさん実がつく枝もあって嬉しい限りです。



暖冬で焦る

ただ、少し失敗もありました。

2020年の冬は暖かく、ライチが2019年とは違った生長をしました。

2019年なら、花芽が出てくるはずの3月に、新芽(葉っぱ)が出てきたのです。

lychee_2020_01.jpg

これでは、「今年は花が咲かない?」と思い、ちょっと焦りました。

そのため、一部の株で花が咲くように摘芯してしまったり。。


ただ結果的には、この新芽が生長するとさらにその先から花芽が出てきました。

おそらく、

暖冬だったので、花芽が出ずに、先に葉っぱが出てきたんだと思います。

このあたりは、2021年の春にどう動くか注意が必要ですね。



開花から収穫まで

今年も生育の流れを簡単におさらいしていきます。

花が咲いたのは5月上旬。

これは結果的に昨年と同じ時期でした。

lychee_2020_03.jpg


6月上旬に、花が散って小さな実がついてました。

lychee_2020_04.jpg


7月上旬には、少しふくらんできました。

雨が続いたのが原因なのか、だいぶ落果しました。

これは防ぎようがないかもしれませんね。。

lychee_2020_06.jpg



8月上旬、食べられる大きさになりました。

まだ色が薄いですが、食べるとライチの味。

これくらいから、少しずつ収穫を始めました。

lychee_2020_07.jpg

収穫時期は8月上旬から8月中旬頃でした。

昨年より、少し遅め。

気候によって、変動するようですね。

うちの地域で栽培するなら、このあたりの時期がライチの収穫タイミングかもしれません。



来年に向けて

ライチの樹は順調に大きくなっています。

今では、大きいもので1メートル20センチくらい。

樹が大きくなれば、実がつく枝も増えますので、収量が増えます。

なので、

来年は今年の何倍もの実がつけるんじゃないかと期待ですね。

台風でビニールハウスが壊れなければ。。

posted by Terragen Farm at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ライチの栽培記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187858557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック