2019年09月05日

ライチの初収穫まで(2019年)

2017年に苗を購入し、栽培をしていたライチですが、

今年、初めて収穫ができました。

収穫できたライチはほんの少し。

でも、

やっと成果がでましたので、経緯をまとめてみることにします。



今年も開花!

昨年も咲いたライチの花ですが、

今年もしっかり咲いてくれました。

lychee_2019_01.jpg

この写真は5/20時点。

5月初旬からどんどん花が咲きましたが、

昨年の冬に向けた生育状況によって、開花する個体とそうでない個体がありました。

このあたりは樹が大きくなったときにコントロールしたいところです。



ライチが結実して。。

花が散ると、ライチの子どもができてきます。

間引きをした方がいいそうですが、今年は放置していました。

lychee_2019_02.jpg



少し大きくなると、こんな感じです。

ライチっぽくなってきました。

lychee_2019_03.jpg


ただ、

落果してしまうものがたくさん。

6月、7月の暑さも原因のひとつかもしれません。


落ちてしまったライチ。

この写真は7/15に撮ったものです。

lychee_2019_04.jpg



いざ、収穫!

成長途中のライチたちは、たくさん落ちてしまいました。

でも、

何とか生き残ったのが30個程度。

lychee_2019_05.jpg


これくらいの大きさになれば、もう落ちませんね。

あとは、熟すのを待つだけです。

この時点で7/24でした。




8月12日、熟してきました。

lychee_2019_06.jpg



少し赤色が薄いですが、食べてみました。

弾力のある食感と、ぜいたくな甘味。

lychee_2019_08.jpg

冷凍ライチとは全然違う、生ライチがやっとできました。



来年に向けて

ライチの苗を購入して、もうすぐ2年。

まずは、実がなるという成果を達成しました。

来年、以降はさらなる収量アップが目標です。

lychee_2019_07.jpg

ライチの樹は、現時点で1mほど。

あと3年で2mほどになってくれる予定ですので、

成長が楽しみです。

posted by Terragen Farm at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 栽培記録

2019年08月27日

ヘビウリの栽培記録

ヘビウリは3年前から栽培しています。

ヘビのように長い形が特徴で、面白い野菜です。



栽培するのも慣れてきましたので、記録をまとめてみます。



まずは種まき


種はコレを利用しています。

snake_gourd_01.jpg

まずは育苗ポットに種まきします。

発芽して、15センチ〜20センチくらいになったら定植ですね。


種の袋には、次のようなガイドが書いてあります。

snake_gourd_02.jpg

種まきの時期が4月〜5月とありますが、十分に暖かくなってからの方がいいでしょう。
(暑いくらいの温度があった方がいいです)

うちは、ミニの温室内で発芽させてます。




発芽して定植後

苗が大きくなって、畑に植え替え(定植)すると、

しばらくしてヘビウリとは思えない、可憐な花が咲き始めます。

snake_gourd_03.jpg



ちなみにうちでは、キュウリネットを使って、棚を作ってヘビウリを縦に育てています。
(キュウリを同じ作り方です)

snake_gourd_04.jpg


それから、

今年は銀色のマルチを敷きました。

雑草を抑えるのと同時に、ヘビウリが地面につかないために。

ヘビウリが地面に直接触れると、傷んだり、汚れたりするからです。

snake_gourd_05.jpg



どんどん収穫を始めます。


暑くなってくるにつれて、ヘビウリがたくさん大きくなってきます。

ヘビウリの下にスペースがあれば、真っすぐ育ちますが、

成長が葉っぱや地面に邪魔されると、変な形になりやすいです。

snake_gourd_06.jpg



大きいものは1m以上になりますが、

小さいまま、熟して腐り始めたりもします。

snake_gourd_07.jpg

個人的には直径2cm〜3cmくらいになったら収穫タイミングかなと思います。



食べ方は?

味はそんなにクセがないので、いろんな食べ方ができると思います。

snake_gourd_08.jpg

これは、直売所の「スマイル阪神」で、作ってもらってるPOPです。

(うちのヘビウリの出荷先です)

これ以外にも、いろんな食べ方があります。


もし、見かけることがあれば、ぜひ試してみてください。

見た目はちょっと気持ち悪いですが。。

posted by Terragen Farm at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 栽培記録

2019年08月17日

キワーノ(とげうり)の栽培記録

昨年から気になっていて、やっと収穫できたキワーノ。

まだまだ珍しい野菜(果物)なので、紹介します。



キワーノとは?

トゲウリと呼ばれたり、jelly melon といわれることもあるようです。

使った種はこちら。

kiwano_00.jpg


形も味も気になって、昨年試してみましたしたが結実せず。

やっと今年収穫できました。


キワーノの育て方

基本的にはキュウリと同じで大丈夫だと思います。

ですので、

支柱を立てて、キュウリネットを張ります。

草を抑えるために、銀色のマルチも。

あと、

ウリの仲間だと思うので、寒さには弱いです。

十分暖かくなってから(5月〜6月くらい)種まきするといいと思います。


苗を育ててから、定植。

それからは、ほとんど放置していましたが、気づくと小さなトゲトゲができていました。

kiwano_04.jpg

実の本体のトゲも固くて痛いのですが、ツルや葉っぱにも、小さなトゲがあって素手で触ると

チクチク痛くなる厄介な植物です。



なかなか熟さないので、我慢できずに青い状態で収穫してみると、

こんな感じです。

kiwano_01.jpg

ほとんど甘味はなく、キュウリっぽい味わい。

ちょっと早すぎたようです。



さらに我慢して、放置すると黄色くなってきます。

kiwano_03.jpg


この状態で収穫し、カットするとこんな感じです。

kiwano_02.jpg

ほんのり甘味がのっていますが、

生でかじると、物足りない甘さ。

種もしっかりしていて、食べにくいというのもありました。


英語で、jelly melon という名前だったので、もう少し甘いのを期待していましたが。。


気持ち悪い見た目を楽しむ野菜なように思います。

気になった方は、ぜひ育ててみてください。


posted by Terragen Farm at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録

2019年08月13日

ナシ(梨)の初収穫までの記録

2019年、初めてナシが収穫できました。

結局、食べることができたのは、たったの1個だけでしたが、

今まで一度も実がついたことがなかったので、かなりの進歩です。

pear_02.jpg



今まで、実がつかなかった理由ですが、

「梨の樹は1本では実がつかない」からです。

(品種の違う梨の樹と交配する必要があります)

うちにあった梨の樹は、ずっと1本。


そのため、

今年、梨の苗木を園芸屋さんから買ってきて、近くに置きました。
(品種は、幸水と20世紀です)



春になると梨の花が咲きます。

こんな白い花。

pear_07.jpg


うちのミツバチたちもときどき、花に立ち寄ってる様子もあり、

買ってきた梨の苗木に咲いた花と受粉しているような感じでした。

pear_06.jpg



花も落ちて、実ができるのを待つ梨の樹です。

pear_05.jpg



しばらくして、小さな実がついているのが確認できました。

しかも、

こんな実がたくさんできて、かなり期待しましたが。。

pear_04.jpg



成長を楽しみしてましたが、

風で枝が折れたり、実がポロポロ落ちたり、

カラスに食べられたり。。


結局、食べることができたのは、この1個


pear_03.jpg



少し小ぶりでしたが、しっかりとした甘みもあり、

まずは大成功。

pear_01.jpg


来年は、、

もう少し、間引きをしてみようと思います。

今年はたくさん実がつきすぎて、枝にも負担がかかったり、

栄養が分散されたりしたような気がしましたので。

posted by Terragen Farm at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録

2019年05月28日

茎レタス(ステムレタス)の栽培記録です。

現在、出荷中の茎レタス。

ステムレタスともいいますね。


この茎レタスの栽培方法ですが、

あまり栽培の様子がネット上にもなくて困りました。

そこで、

せっかくなので栽培記録としてまとめて、共有することにしました。

少しでも参考になると幸いです。



種まきの実施


茎レタスの種は、「サカタのタネ」を使いました。

あまり見かけませんが、見つけたら買うようにしてみてください。

ネット上にはあると思います。


stem_lettuce_01.jpg

まずは種をセルトレイにまきました。

種まきは、2月3日。

ビニールハウス内での育苗でしたので、少し早めです。

ミニ温室などを利用してもいいと思いますが、3月くらいになってから種まきしても大丈夫だと思います。




定植後の経過

この写真は4月14日。

種まきから2か月以上たっています。

stem_lettuce_02.jpg

苗が5センチ〜10センチくらいの時に、畑に植え替え(定植)しました。

定植後、1、2週間後あたりで追肥を行っています。




これは5月1日。

種まきから3か月くらいたっています。

モリモリに育ってきてますね。

stem_lettuce_03.jpg




収穫について


茎レタスというけれど、葉っぱばかりが立派になってきました。

でも、

葉っぱをちぎってみると、茎レタスのような見た目になるようです。


stem_lettuce_04.jpg



おそらく、「完成」ということで収穫してみました。

この日は5月13日。

種まきから3か月以上経過した状態です。

stem_lettuce_05.jpg



実際に直売所(スマイル阪神)に並べさせてもらいました。

ポップには食べ方の説明も。

stem_lettuce_06.jpg






中国で見た茎レタス

今回、茎レタス栽培のきっかけは、2018年の中国訪問。

上海周辺の八百屋では、茎レタスがたくさん並んでました。

stem_lettuce_07.jpg


この萵笋というのが、中国語での茎レタス。

発音は「ウォ・スン」みたいな音です。

stem_lettuce_08.jpg

このスーパーでは1本50円ほど。

中国で人気なら、日本でも需要があるかなと栽培してみました。


栽培してみた感想


レタスと同じように栽培すれば問題ないと感じました。

直売所での値段は2本で100円〜140円の範囲。

1日10セット程度は確実に売れています。
(値段が安いのかもしれません。。)


また、茎レタスの栽培がいい点としては、

どれだけ葉っぱが虫にやられていても、収穫前に葉っぱをちぎるので綺麗な状態で出荷できること。

今回も農薬を使いませんでしたが、綺麗に育てることができました。


栽培の難易度は低めなので、ぜひ試してみてください。
posted by Terragen Farm at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録