2020年08月06日

レモングラスの栽培記録

タイ料理には欠かせないレモングラス。

トムヤムクンにも入っていますよね。

最近、お問合せが増えてきましたので、少しずつ栽培量を増やしています。

そんなレモングラスの栽培は簡単ですので、ちょっとまとめてみますね。


苗の購入はホームセンターや園芸店で

レモングラスの苗は比較的よく売ってます。

ホームセンターでも見かけることもありますし、

園芸店なら必ずあるんじゃないでしょうか?

lemongrass_2020_01.jpg

うちもこの苗を最初に買いました。

それから、畑に植え替えしました。



寒い間はほとんど生長しませんが、

6月、7月以降、暑くなるとどんどん大きく育ちます。



収穫

根元が鉛筆くらいの太さになったら収穫できます。

lemongrass_2020_06.jpg



タイ料理では茎の根元を使うので、上の方は切り取ります。

lemongrass_2020_05.jpg

ちなみに右にある葉っぱは「コブミカンの葉」です。



冬は枯れない??

畑に植えたレモングラス、冬の寒さで葉っぱが傷んできました。

lemongrass_2020_03.jpg

でも、枯れずに今でも元気です。

氷点下に下がる日が続くと厳しいかもしれませんが、

うちでは畑に植えっぱなしです。

寒い地域では屋内に入れた方がいいかもしれませんね。



鉢植えより地植えで

買ってきた苗をどこに植えるかで生長の仕方が変わると思います。

ポイントは、

「できるだけ大きな鉢やプランターに植える」です。

レモングラスは、根っこがどんどん広がり、

その分、株も大きくなります。


花壇や庭、畑に植えるとどんどん大きくなると思いますよ。

畑に植えると、こんな感じです。

lemongrass_2020_04.jpg



乾燥レモングラスより美味しい

やっぱり生のレモングラスの香りは別格です。

乾燥レモングラスとは全然違います。

なかなか生は売ってませんので、

ぜひ、自分で育ててみることをオススメします。



posted by Terragen Farm at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録

2020年07月26日

もちもちの紫トウモロコシの栽培記録

毎年、スイートコーンの栽培を行っています。

ちょっと飽きてきましたので、

今年は紫トウモロコシにも挑戦してみました。


今回はその栽培記録です。


種まき実施

種をまいたのは4月25日でした。

もう十分暖かくなってから。

直播きでも良かったのですが、まずはセルトレイに。

corn_purple_01.jpg

種は大和農園さんの「もちもち太郎パープル」です。



生育の流れ

芽が出て、植え替えまでは、スイートコーンと同じにしました。

追肥は2回。

定植して根付いたタイミングと、雄花が出てきたとき。


でも

なかなか雄花が出てこなかったです。

ふつうのスイートコーンでは1mくらいになれば出てきますが、

この「もちもち太郎」は2mくらいまで出なくて、ちょっと心配しました。

corn_purple_02.jpg

これは6月25日(種まきから2か月)ですが、

こんなに背が高いのに雄花が出ていません。



雄花が出て、実が生長するまで

やっと雄花が出て、実が生長しだすと、

ほかのスイートコーンと同じです。

ただ、違うのは背の高さ。

3メートルくらいあるかもしれません。

corn_purple_05.jpg



実際に収穫してみて

7月15日、種まきから80日後。

試しに収穫してみました。

corn_purple_03.jpg

期待していた色より薄め。

白い部分も多いですね。

まだ、食べ頃ではないような感じでした。



さらに1週間後、7月21日。

こんな感じに実がついてます。

corn_purple_04.jpg

実も太くずっしりした重さ。

corn_purple_06.jpg

実際に収穫してみると、

色が濃くなってました。



さらに数日後に収穫したのは、さらに色が濃く。

corn_purple_09.jpg

見た目のインパクト大ですね。


かじってみると、、

スイートコーンのような果物のような甘さはなく、

ほんのり甘い程度。


でも、

色は抜群ですね。

ホワイト、黄色のスイートコーンと並べると

インパクトもあります。

corn_purple_07.jpg



さらに、

レンジで加熱すると、

きれいな紫色になりました。

corn_purple_08.jpg


栽培してみた感想

育てるのは特に難しくなかったです。

ちょっと背が高くなりすぎるので、

強い風を受けるところだと、倒れやすいかもしれませんね。


それと、

今回、ほかのスイートコーンとは栽培場所を分けましたが、

近かったら紫色が混ざる可能性もありますね。



ということで、

栽培してみて良かった品種でした。

収穫が残っているのもありますので、

少しずつ、直売やスマイル阪神で売っていこうと思います。

来年もやりたいですね。

posted by Terragen Farm at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録

2020年07月18日

フィンガーライムの栽培記録【2020年時点】

ちょっとずつ知名度が上がってきた、
フィンガーライム。

苗木から育てて、2020年にやっと実を付けました。

これから育てようという方もいらっしゃると思いますので、
経験をまとめてみます。


苗木購入(2018年)

フィンガーライムについての情報がちらほら出てきた2018年。

園芸店でフィンガーライムの苗を見かけるようになりました。

当時、1本4000円程度。

まずは、試しにと購入しました。

fingerlime_2020_01.jpg

今でも園芸店やホームセンターでも見かけることがあります。

値段は3000円〜6000円くらいでしょうか。




栽培適温について

栽培適温はよくわかりませんが、

寒すぎてもダメ、暑すぎてもダメ、ということは聞きました。

うちでは、

冬は最低3℃をキープするビニールハウス内に、

夏は西日の当たらない屋外で育てました。


ですので、

地植えはせずに、鉢(ルーツポーチ)に入れて

移動できるようにしてました。

fingerlime_2020_05.jpg



花が咲いて、実がつくまで

苗を購入して、1年後には花が咲きました。

冬の温度環境にもよるとは思いますが、

うちは4月前後でした。

fingerlime_2020_02.jpg

結局、2019年は花が咲いただけで、

結実できませんでしたが、3年目に向けて、期待ができる結果となりました。



やっと実がつきました。


苗木購入から3年目、2020年に実がつきました。

fingerlime_2020_03.jpg


フィンガーライムというだけあって、

指のサイズくらいです。


うちは大人の小指くらいのサイズで収穫してみました。

fingerlime_2020_04.jpg



食べててみると、、

期待通りのプチプチした食感。

いろんな料理に使えそうな食材ですね。

fingerlime_2020_06.jpg

人気が出てくるのも当然だと思います。



栽培してみて感じた注意点


@アゲハチョウの幼虫に注意

 かんきつ類なので、アゲハチョウの幼虫にたくさん食われました。

 こまめに観察して、幼虫がいたら取り除きましょう。


Aトゲに注意

 フィンガーライムの枝には無数のトゲがあります。

 苗木を移動する際にも、よく刺さりました。

 たくさん枝が出てくるので、邪魔な枝は剪定した方がいいでしょうね。

 このトゲが気になる方は、育てるとストレスになると思います。


Bなかなか開花、結実しない??

 今回、実がついたのは、フィンガーライムの一部の木。

 品種がバラバラなので、それぞれによって最適な環境があるんだと思います。

 ですので、

 育ててるフィンガーライムで「確実に」実を付けるのは難しいんじゃないかという気がします。



来年(2021年)に向けて

2020年、実がつくということが確認できましたので、

来年はさらに収穫するという目標ができました。

これから、

フィンガーライムも注目されていくと思いますので、

気になる方はぜひ挑戦してみてください。

(でも、実を付けるのは難しい気がします)

posted by Terragen Farm at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録

2020年07月02日

【2020年】スイートコーンの直売・収穫体験

今年もスイートコーンの季節がやってきました。

すでに直売については、始めておりますが
(収穫体験は7/4日〜)

今年の状況についてお伝えします。


直売、収穫体験のスケジュールについて


先日、6/28に直売だけ行いましたが、

7/4、7/5が今年初めての収穫体験開始日になります。

sweetcorn_2020_03.jpg


今のところ、第5回までを実施予定としております。

ただ、

天候やカラス、害虫の被害などの状況によっては、

変更の可能性があります。


時間は10時半から12時くらいに行う予定ですが、

雨が降れば中止にします。



今年のスイートコーンについて


毎年栽培している黄色のスイートコーン、

品種は「ゴールドラッシュ90」です。

sweetcorn_2020_05.jpg


甘みもしっかり、食べ応えのある品種です。

もちろん、生(ナマ)でかじっても美味しいです。



ホワイトのスイートコーンもあります。

品種は「クリスピーホワイト」

sweetcorn_2020_04.jpg

少しサイズが小さめですが、サクサクの食感で、甘い品種です。


基本的に直売は黄色のスイートコーンです。

白は少しなので、毎回の直売にあるかどうかはわかりません。



収穫体験について

sweetcorn_2020_01.jpg

開始すぐは人が込み合う可能性があり、人手不足になることも多いです。

ですので、

以前までは私がお子様と一緒に収穫を行っていましたが、

今年は、保護者が付き添っていただければと思います。

収穫手順はお伝えしますので、ご協力をお願いいたします。


スイートコーンの食べ方について

よく聞かれる食べ方ですが、

採れたてのスイートコーンは、まず生(ナマ)でかじるのが一番です。

果物のような甘さをぜひ体験してみてください。


収穫後は、どんどん味が落ちていきますので、

できるだけ早く(当日中)にお召し上がりください。



以上です。

畑でお待ちしております。


posted by Terragen Farm at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2020年06月26日

UFOズッキーニの栽培記録 

今ではズッキーニは、スーパーでよく見かけるようになりました。

直売所でもたくさん出荷されてますね。

そんな中、

うちではUFOズッキーニを栽培しています。

これから人気が出るかもしれませんので、

栽培結果を記録しておこうと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。


種まきから収穫まで


種まきは十分暖かくなってから。

うちでは、ビニールハウス内で苗を育てますので、

3月下旬に種まきをしましたが、

屋外だと5月以降がいいと思います。

または、ビニールをかけたり保温するといいです。


種は育苗ポットに1粒ずつ。

発芽率は7割くらいでした。

zucchini_001.jpg



ちなみに種は、藤田種子さんのを使っています。


楽天でも買えます。





定植は、発芽して、10〜15センチくらいに育ったら。

定植する時期は初夏くらいの暖かさがあると安心です。

寒い日が多いと、枯れてしまいますね。



植え付けする場所には、銀マルチを使用しています。

雑草除けと、大きくなったズッキーニが汚れないためです。

重たいので、育つとすぐ地面に付きます。

zucchini_003.jpg


収穫は小さい方がいいかもしれませんが、

つい大きくしてしまいます。

今は、手に収まらないくらいの直径20センチくらいになると収穫していますね。

zucchini_004.jpg


黄色のUFOズッキーニは中心部の「へた」の部分が緑色になるみたいです。

zucchini_005.jpg



栽培の注意点について

基本的には、ふつうのズッキーニと同じです。

病気だと、

葉っぱに粉が吹いたようになる、うどん粉病になったりはしますね。

(かといって、何も対処はしませんが。。)


肥料は2〜3回追肥すればいいでしょう。

他には、傷んだ古い葉っぱは取り除くといいと思います。


以上です。

ちょっと変わった野菜を栽培してみたいと思ったら、

ぜひUFOズッキーニに挑戦してみてください。

zucchini_006.jpg


posted by Terragen Farm at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培記録