2019年12月24日

スリランカ視察の報告(野菜編)

今回はスリランカの野菜編。

野菜を見るなら、やっぱり市場。

海外に行くと必ず市場をのぞきますが、

スリランカも特徴があって楽しませてくれました。

今回も、

写真と合わせて、気になった野菜たちを紹介していきます。


スリランカの市場について

スリランカにも、スーパーマーケットみたいなのはありますが、

やっぱり野菜は市場で取引されてることが多いみたいです。

srilanka_vegetable_00.jpg

これは、スリランカ一番の大都市、コロンボの市場ですが

いろんな野菜が並んでいます。
(屋内だったなので、少し暗め)

見てるだけで楽しいのが、地元の市場ですね。



気になった野菜たちをちょっと紹介


これは、コロンボにある市場。

一番下にあるのはカボチャ。

市場ではよく見かけました。

srilanka_vegetable_01.jpg

この真ん中の赤っぽいツボミみたいなのは、「ケセル・ムーワ」。

バナナの花とのこと。



これは、ナスの仲間ですね。

スリランカでは「エラ・パトゥ」

よく見かけました。

srilanka_vegetable_03.jpg



こちらはササゲの仲間。

日本で栽培されているのと、同じ見た目なので、だいたい味が想像つきますね。

srilanka_vegetable_04.jpg



ちょっと驚いたのはビーツ。

西洋野菜のイメージでしたが、ビーツがとこでも売ってました。

気候の近いタイでは、見かけなかったので、

ビーツがあるのは、スリランカの特徴かもしれませんね。

srilanka_vegetable_05.jpg



下に見えるのは、ネギの種類だと思います。

おそらくリーキですね。

西洋ネギとかニラネギとかいう別名も。

これも、他の国ではあんまり見なかった気がします。

srilanka_vegetable_07.jpg



そして、

うちでも栽培しているヘビウリ。

スリランカでは「パトーラ」と呼ばれています。

全然、曲がってないんですね。

こんな風に束ねるために、棚などを利用して、うまく栽培してるんでしょう。

srilanka_vegetable_08.jpg

ヘビウリはうちでも栽培しています。

栽培については次の記事を参考にしてみてください。


これは、コヒラという野菜。

主に根っこを食べるのですが、葉っぱも食べることができるそうです。

水辺で育つ野菜です。

srilanka_vegetable_09.jpg



こちらも日本ではみかけない葉っぱ。

左側の丸い葉っぱは、「カトゥルムルンガ」という木の葉っぱ。

右側は、「ムグヌエンナ」という水草だそうです。

味見できてないですが、あんまり癖がない味らしいです。

srilanka_vegetable_15.jpg


また、

CICという大きな農業法人では、種が販売されてました。

ちょっと種類が少ないのが残念でしたが、眺めてるだけでも楽しい瞬間です。

srilanka_vegetable_10.jpg



さらに、

ダンブッラという街では、農家さんの家にお邪魔しました。

家のそばでは、キャッサバが栽培されてましたね。

今では、タピオカの原料として有名です。

スリランカではよく見かけました。

srilanka_vegetable_12.jpg



これは、キャンディーという街のセントラルマーケット。

このトウガラシのような、ピーマンのような野菜も。

スリランカでは、「マールミリス」といいます。

日本でも見たことあるような。

栽培はできるでしょうけど、売るのが難しそうですね。

srilanka_vegetable_13.jpg



これは、ちょっと見たことない野菜でした。

日本名「トカドウリ」

「角」が10個あるから、そういう名前みたいです。

全体的にはヘチマに似てる感じ。

srilanka_vegetable_14.jpg


種も売ってました。

これですね。

srilanka_vegetable_11.jpg





最後に

日本でも見たことある野菜も多かったですが、

スリランカでしか見ない野菜が特に多かったです。

他にも紹介したいですが、名前や使い方がわからないので、

今回はこれだけにしました。

スリランカ食材に詳しい方がいらっしゃったら、

教えてください。



これは、蒸したトウモロコシ。

列車内で隣席のスリランカの方に頂きました。

ちょっと日本のスイートコーンをイメージしてましたが、

まったく甘くありません。

srilanka_vegetable_20.jpg

でも、しっかりトウモロコシらしさのある味わい。

お腹もふくれました。

海外では、日本では感じられない味を体験できるのが楽しいですね。


posted by Terragen Farm at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スリランカ視察_2019

2019年12月23日

スリランカ視察の報告(くだもの編)

今回はスリランカのくだもの編です。

12月に収穫されていたものしか、見ることはできませんでしたが、

やっぱり熱帯果樹が豊富でした。

タイなどの他の暑い地域でも見られる果物も多いですが、

簡単に紹介してきます。


まずは、コロンボというスリランカ一番の都市にある、市場から。


ここでは、くだものや野菜などが大量に扱われていました。

まず、目を引いたのは、パイナップル。

山積みです。

値段を聞くのを忘れましたが、たぶんめっちゃい安いと思います。

srilanka_fruits_00.jpg



さらに、どこでも並んでいたのがバナナ。

小さいのから、40cmくらいあるようなバナナまで。

味もまずまずです。

srilanka_fruits_01.jpg


これは、たぶんマンゴーです。
(間違ってたらスミマセン)

完熟前だと思いますが、デザートではなく

ふつうに料理に使われたりしていました。

srilanka_fruits_03.jpg


マンゴーの樹は、いたるところにあって、

こんなふうに実がついているのもありました。

srilanka_fruits_10.jpg



これは、おそらくスリランカでしか見ない、wood apple (ウッドアップル)という果物。

現地では、ディウルみたいな発音でした。

これは、ジュースにしたりして使います。

触ると、かなり硬いです。

srilanka_fruits_04.jpg


こちらは、アヌダーラプラという街の市場。

おそらく、パッションフルーツだったと思います。

srilanka_fruits_05.jpg



あんまり見慣れないこの物体は、ジャックフルーツです。

完熟だと甘いらしいですが、この実を味見させてもらいましたが

甘くなかったのが残念です。

srilanka_fruits_06.jpg



こちらは、キャンディーという街のセントラルマーケット。

スターフルーツを発見しました。

名前のとおり、星型のフルーツ。

srilanka_fruits_13.jpg



そして、アボカドを発見。

それも、ちょっと巨大なのが。

srilanka_fruits_14.jpg



日本人が知ってるアボカドとは、品種が違いますね。

かなりずっしりと重いです。

あんまりアボカドをスリランカの人が食べてる場面は見かけなかったですが、

人気があるのかもしれませんね。

srilanka_fruits_15.jpg



こちらは、シーギリヤ近くの苗屋さん。

かなり本格的です。

並んでるのは、マンゴーの苗木。

それだけ需要があるってことなんでしょうね。

srilanka_fruits_09.jpg
いろんな苗木の種類があって、面白かったです。

すべては紹介しきれませんので、

ココナッツの苗木だけ。。

srilanka_fruits_08.jpg


さらに近くの園芸店には、こんなのも。

ドラゴンフルーツですね。

うちにもありますが、こんな風にうまく仕立てられません。。

srilanka_fruits_11.jpg



パパイヤも綺麗。

何回か挑戦しましたが、なかなかうまく育たないんですよね。。

srilanka_fruits_12.jpg




まとめ

やっぱり1年中、温暖な気候のため、熱帯果樹が多く見かけました。

気候が似ているタイやインドなどでも見かける果物が多かったですね。

日本みたいに、果物=贈答用 という感じではなく、

かなり身近に食べられていました。


日本でビニールハウスや暖房を利用して、熱帯果樹を栽培するのが
馬鹿らしく感じるくらい簡単に育つのは羨ましいですね。

posted by Terragen Farm at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スリランカ視察_2019

2019年12月19日

スリランカ視察の報告(はじめに)

2019年12月、スリランカに行ってきました。

スリランカの食材の視察・体験が主な目的。

実は、最近スリランカ料理のお店が増え、少しずつ注目されてきています。

うちでも、スリランカ料理でよく使う「カラピンチャ」を栽培していますし、

「ヘビウリ」なんかも、スリランカではポピュラーな食材です。


今回、そんなスリランカ食材について、さらに知見を深めるために行ってきました。


スリランカについて

日本からはまだまだ旅行者の少ないスリランカ。

知ってる人も少ないかもしれません。

場所は、インドの南の島。

昔はセイロンって呼ばれていました。



紅茶が有名で、セイロンティーなんかは聞いたことがあるかもしれません。


今回は、中国の成都経由のスリランカのコロンボ行き。

関空からは直行便がないので、少し時間がかかりました。



スリランカ料理とは??

スリランカはインドに近いので、カレー風味という特徴がありますが、

独自の風味があり、日本人にも人気です。


たとえば、

宿で用意してもらったディナーだと、

こんなんとか、

srilanka_food_01.jpg


こういったのだったり、

srilanka_food_02.jpg


こんなんとか。
「緑の葉っぱ」はカラピンチャです。

srilanka_food_03.jpg


ロードサイドにあった食堂では、
セルフで盛り付けるタイプ。

srilanka_food_04.jpg


あと、バー?みたいなお酒が飲める場所では、
一般的な焼き飯もありました。

srilanka_food_05.jpg

長細いお米(インディカ米)ですね。


スリランカでは、紅茶はどこでも飲めます。

srilanka_food_06.jpg


ちょっと雑ですが、青いフタに入ってるのは砂糖。

砂糖をかじりながら、紅茶を飲むんですね。



というわけで、

いろんな食べ物が楽しめるスリランカ。

次は、どんな植物があったのか、まとめていきたいと思います。


posted by Terragen Farm at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スリランカ視察_2019

2019年11月21日

2019年度の玉ねぎの栽培・収穫について

種から育てた玉ねぎの苗。

その苗を11月初旬でやっと植え終わりました。

全部で1万2000本くらいあるかと思います。

onion_2019_01.jpg


うちの玉ねぎは極早生の品種で、生長が早いです。

2月頃のサイズはこれくらい。

onion_2019_03.jpg


毎年、伊丹市で一番最初に収穫を始めていて、

天候にもよりますが、2月の下旬か3月ころから。


まずは最初に出荷するのは葉玉ねぎ(葉つきの玉ねぎ)。

onion_2019_04.jpg


そのあと、
3月下旬ころからは、葉っぱを切って、玉ねぎとしての出荷も始まります。

onion_2019_05.jpg


春に採れる玉ねぎは「新玉ねぎ」

辛味がないので、水にさらさなくても生で食べられます。

スライスして、ポン酢や胡麻ドレッシングなどで食べるのがオススメです。


今回は、畑での直売や収穫体験(2月か3月ころ)も予定していますので、

ぜひお越しください。


posted by Terragen Farm at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月04日

オリジナルのTシャツ作ってます。

報告が遅れましたが、Tシャツを作ってみました。

TerragenFarmオリジナルです。


前面にロゴが入ったTシャツで、色は2種類。


灰色と、

T-shirt_01.jpg



紺色です。

T-shirt_02.jpg



11月に入り、着るタイミングが減ってきましたが、

作業着やイベント参加時なんかに着ています。


次はパーカーも作りたいですね。


posted by Terragen Farm at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記